「カップル率」のカラクリ

LPスタッフKです。

今回は「カップル率」について気になっていたことを書いてみたいと思います。

皆さんは婚活イベントの情報ページなどを見ている時に「高カップル率!」などの謳い文句や広告を見たことはありませんか?
婚活イベントに参加して、高確率でカップルが成立するのなら参加してみたくなりますよね。

でも各社が数多くの婚活パーティーを開催する中で、このイベント会社のパーティーだけカップル率が高くなるってことあるんでしょうか。
結論から言うとあります!ただしこれにはカップル率を上げるカラクリがあるのです。
私もイベントを主催するようになってからこのカラクリに気が付きました。

大きなイベント会社になると、当然ながら集客を第一に考えます。とにかく多くの参加者を募り、高額な参加料を取り、会場の使用時間の都合で短時間の忙しいパーティーとなります。参加者様の事は二の次です・・
集客を上げるためには「高カップル率」を謳い文句にすることで、多くの方の参加意欲をくすぐります。

カップル率を上げる方法は主に2つあると考えています。
1つ目はカップルを決める最終投票で記入欄を増やすことです。例えばリアン・プロジエでは第3希望までの記入欄となっていますが、他社では第6希望まで記入欄があったりすることもあります。
第6希望まで記入できれば、少なくともリアン・プロジエよりカップル率は上がります。

2つ目は男性、女性どちらを軸においてカップルを組むかです。
「高カップル率」を売りにする業者は、おそらく男性を軸にカップリングしていると思われます。
どういうことかと言うと、男性の希望を優先してカップルを組むということです。

例えばリアンのパーティーの最終投票では大抵の男性の皆さんは第3希望まで記入する方が多いです。逆に女性は無記入の方、1人だけ記入の方などが多いのが現状なんです。
男性を軸にカップルを組もうとすると、女性は最終投票で誰か記入すればカップル成立する確率がグッと上がります。

お判りいただけるでしょうか。
最終投票の記入欄が多く、男性を軸にカップルを組めば無記入以外の女性は、誰かとカップルになる確率が高いということです。
もちろんそのパーティーの企画内容や盛り上がりなども加味されます。

その点、リアンのパーティーは逆を行っております。(ここからがポイントです!)
正直言いますと、リアン・プロジエのパーティーはカップル率を重要視していません。カップルになった後の事を重要視しています。

詳しく説明します・・・
リアンのパーティーでは最終投票の記入欄は第3希望までしか記入できません。
もし他社の最終投票で第6希望同士がカップルになったとします。正直どうでしょう・・・このカップルは長続きするでしょうか?
婚活パーティーに参加する皆さんは、たいてい結婚を目的にいらっしゃいます。第6希望同士では結婚まで進むのは難しいと思います。
第3希望までに絞り、カップルになった方には結婚を見据えたお付き合いをして頂きたいというのが、リアン・プロジエの目指すところです。

またリアンのパーティーの最終投票は女性を軸にカップルを組んでおります。
女性の希望を優先した方が、カップルになった後もお互い安心で納得したお付き合いが継続できると考えております。
男性にとっても女性に気に入ってもらえた方が幸せだと思います。

リアンのパーティーのカップル率は30%程なので、他社様と比べると低いと思いますが上記の点で考えてみると決して低い数値ではないと思いますし、カップルが成立すれば良いお付き合いになるものと思っております。

「高カップル率!」の宣伝文句に惑わされずに、ご自身に合ったパーティーに参加してみて下さい!

そしてぜひ一度、リアンのパーティーにもご参加下さいませ!

投稿者: LPスタッフK

LP代表兼HP管理者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です