婚活がうまくいかない理由

結婚したい・・・のに何故?婚活が上手くいかない理由についての記事を見つけたのでご紹介します。(出典元:Grapps)
これまで婚活してみてなかなか上手くいかない方、これから婚活を始めようという方も参考にしてみて下さい。

・「この人!」と思う人を明確に
婚活をするうえで、イベントや結婚登録所などで沢山の異性の方と出会うことが出来ます。選択肢が沢山あるということです。
選択肢が複数あると人は迷い、立ち止まります。
「本当にこの人でいいの?」「もっといい人が他にいるのでは?」と悩む人も多いのではないでしょうか?
この人!と決められないまま婚活を続けるのは、目的地の無い旅行と同じ。目的地がないとゴールにたどり着くことが出来ませんよね。
まずはどんな人と、どんな家族、家庭を作っていきたいのか明確にすることから始めましょう。

・条件ありきでは動かない
理想像を紙に書いて明確にすると、本音が沢山出てくると思います。
具体的な条件を考えることも大事ですが、条件ありきになって間口を狭めてしまうと、折角のご縁を引き離してしまう恐れがあります。
条件はあくまで目安と捉えておきましょう。目安が出来ると幅が広がり、自分では気づかなかった異性に気づける思考が持てます。
視野を狭めるなんてもったいない!婚活において男女関係なく積極的な姿勢がご縁を引き寄せるのです。

・自分自身も見直すきっかけを
30代の女性の方に、相手を選ぶための基準を伺うと「安定した収入」が1番多いです。
結婚相談所へ来る方で、男性は見た目や若さで女性を決めがちなのに比べ、女性は堅実で将来のビジョンがしっかりある印象を受けます。
「安定」のあるハイスペックな男性、例えば公務員や年収の高い男性は非常に人気があります。
従って年代、婚歴の有無を問わず複数の女性から申し込みが殺到します。
申し込んでも上手くいかない・・と悩んでおられる方はここが原因かも。
婚活しているハイスペックな男性は「女性を選ぶ」ことができます。余裕があり、相手を吟味する時間を惜しまないのです。
また自分のスペックと同様に相手にもスペックを求めます。女性が男性の年収を気にするのと同じように、男性もお相手の女性に「若さ」を求める傾向が多いです。婚活市場には20代の女性が沢山いますから、若さは最強の武器とも言えます。

もしあなたが条件ありきで婚活を続けているのなら、一度婚活法を見直してみては如何でしょう?

・見直す要因は?
30代の女性は「時間を無駄にしたくない」という気持ちの強い婚活をしてしまいがち。
1番多い要因は「子供を産みたいから30代までには結婚したい」だと思います。焦っているけど妥協もできない、若い頃のように勢いだけでは踏み切れないのが30代の女性です。
ですが会話下手な男性や経歴だけで判断をし、無駄を根こそぎ取り除く婚活は、この先も立ち行かなくなってしまいます。
次、次がダメならその次・・と堂々巡りをされている方を多く散見します。
結果、自分の理想像に捉われすぎてしまい、相手を受け入れるキャパが無くなってしまいます。時間は無駄にはなりません。あなたが幸せに一歩ずつ近づくためのステップなのです。

・生涯のパートナーはこの人と
多少互いの理想と違っても結婚をするカップルは沢山います。
結婚できる人とできない人の違いは、今この時、目の前にいる人とのご縁を大事にするかどうかではないでしょうか?
結婚相手を選ぶということは、人生の中でも最も大きな選択。尚のこと慎重になってしまいますが、まだ出会ってもいない生涯のパートナーの理想を高く持ったまま婚活を続け、理想の相手と比べてしまうと、いつまで経っても運命の巡り合わせは訪れません。
最も大切なことは目の前の相手を理解し、素敵なところを認める努力が必要です。ご縁があってお会いした同士で結婚まで至ったカップルは「結婚相手にあれこれ条件をつけない」ものです。
「もっとこうだったらいいのに」などは考えず、今ある現実を受け入れて、理解しようとする姿勢が運命の相手を引き付ける条件です。

結婚して幸せな家庭を作っていくのはあなたとあなたのパートナーです。自分は相手にとってどんなパートナーでありたいのかも明確にしておくのも重要です。
少し婚活に疲れたなら、休むことも大事。時間がもったいないとは思わずに、自分自身を充実させる時間も婚活には必要で、自分を見つめ直す時間にもなります。
何事も焦りは禁物です。まずはしっかりとしたビジョンを見据え、メリハリのある充実した婚活ライフを送ってください!

投稿者: LPスタッフK

LP代表兼HP管理者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です